« 帰還 | トップページ | ミスチル&ピロウズライブレポ(その2) »

2006年10月 8日 (日)

ミスチル&ピロウズライブレポ(その1)

    Mr.Children & the pillows
new big bang tour ~This is Hybrid Innocent~



の10月5日、ZEPP東京公演に行ってきました。

 ご存知のとおり(?)チケット争奪戦に連敗し、2日前までチケットがなかったのですが、運良く同行させてもらえる方が見つかり、無事参加することができたのでした。

Dsc00047 Dsc00048
 


 



以下、ネタバレ含みますので注意

 ということで、この日は5時ぐらいにゆりかもめの青海駅に到着です。駅の前には、15人ぐらい「チケット譲ってください(同行させてください)」の紙をもった人がいました。僕も、前日までにチケットの目処がつかなければ、同じようにダンボール持って立ってるつもりだったので、心の中でみんな譲ってくれる人が見つかればいいなと思いながら通り過ぎました。
 ZEPPに隣接したビーナスポートで、この日のために買ったといってもいいツアーTシャツに着替え、タオルも持って、コインロッカーに荷物をぶち込む!外は雨だったけど、中に入ると邪魔になるので傘も一緒に入れました。

 そして、6時ぐらいに相方さんと落ち合い、入場待ちです。雨の中待ってましたが、比較的スムーズに中に入れたかな。

 僕は、ライブハウスでのスタンディングライブ初体験なので、無理せず後ろの方でゆっくり見ようと思ってたんですが、相方さんはできるだけ前方で見たいとのことで、入場後お礼を言って別れました。

 そして、会場後方の田原さんサイドへ陣取りました。後方ですが、いつものアリーナクラスの会場とは比べるべくもありません。近いです。間違いなく肉眼で見える距離です。また、会場内には何台かカメラもありました。大掛かりなクレーンカメラもあることから考えるとDVD化されるのかな?と思いました。


 そして、ほぼ定刻すぎだったと思いますが、舞台袖からピロウズが登場し、ライブが始まりました。

セットリストは次の通りだそうです。
 

01:ノンフィクション
02:Ride on shooting star
03:カーニバル
04:プロポーズ

05:Funny Bunny
06:空中レジスター
07:アナザーモーニング

08:つよがり(ミスチルカバー)
09:バビロン 天使の詩
10:I know you
11:スケアクロウ
12:サードアイ
13:その未来は今

14:ハイブリッドレインボウ

 
実は今回、最後まで行けるかどうかわからなかったこともあり、ピロウズの予習はベストとトリビュートしか聴けませんでした。ピンクが僕の知ってた曲です。

 知らなかった曲が多かったのですが、そんなことは関係なく楽しめましたよ。もう、勝手に体が動く動く(笑)あんまり僕の周りにはピロウズファンは少なかったようでしたが、前方の人たちに合わせて腕突き上げたりして楽しみました。

 で、その中でも特筆すべきはミスチルカバーの
『つよがり』です。ワタクシ、ミスチルを含めたこの日のライブで一番印象に残った曲だったかもしれません。もう、鳥肌がビンビンにたってしまうぐらいすごかった。ミスチルのオリジナルとは全然違うロック色の強い仕上がりだけど、なぜか泣きそうになってしまうという。あー、表現力のない自分に自己嫌悪・・・。

 そこで、ボーカルのさわおさんはap bank fesでミスチルの歌う
『ストレンジカメレオン』を聴いてそれがすごく良くて、悔しくてその仕返しにミスチルの曲の中で一番好きな(この辺記憶曖昧)この曲をカバーしたそうです。そして「アレンジの出来がいいので、著作権ごとくれないかな(笑)」とも言ってました。

 さわおさん、MCも面白いですよね~。他に覚えてるのを書いてみると、


「今日は、思った以上に俺達人気があるようだな。福岡では俺達ホント人気なくて、最前列に2人組がいたんだけど、ミスチルの出番まだかって顔で辛そうでね、なんかそれ見てがぜん燃えてきたんだよ。」

オレはドMなんだよ!だからお前ら、オレに優しくするな!」

「最近「ハンカチ王子」とかいろいろ言われてるらしいけど、ジェントルマンの身だしなみとして、オレは昔からハンカチを携帯してるから!だから、ハンカチ王子の元祖は俺なんだ!」

 
「このツアーはミスチルに何のメリットもないんだ。ピロウズにはCD買ってくれる人が増えるとかあるかもしれないが(この辺記憶あいまい)。まあ(ミスチル)メンバーの頭はおかしいからいいとしてもだ、こんな企画をやってくれたウーロン舎とトイズファクトリーありがとうございます。」

 
などなど。


 あとね、さわおさんギター弾きながら跳ぶ跳ぶ!そして、ヒジから先だけブン回して弾くギターもすごくカッコよかったです。

 ピロウズラストの『ハイブリッドレインボウ』での「Can you feel~」のこぶしを挙げての合唱はもう気持ちよかったです~。周りで手を挙げてる人少なかったけど(たぶんミスチルファンが多かった。)

そんなこんなで、ピロウズの部終了です。いやあ、初めてだったけど、すごい楽しかったです。これから、アルバムいろいろ聴いてみようかなと思いました。そして、BUSTERSと呼ばれるピロウズファンの皆さんは、こういったハコには慣れているようで、みんな盛り上がってましたね。

さて、次回はいよいよミスチルの部です。

banner_02

|

« 帰還 | トップページ | ミスチル&ピロウズライブレポ(その2) »

音楽」カテゴリの記事

Mr.children」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミスチル&ピロウズライブレポ(その1):

« 帰還 | トップページ | ミスチル&ピロウズライブレポ(その2) »