« 帰還しました | トップページ | LuckyRaccoonNight vol.1大阪公演レポその2 »

2006年11月26日 (日)

LuckyRaccoonNight vol.1大阪公演レポその1

 昨日のLuckyRaccoonNight vol.1大阪公演について思うがままに書いてみます。レポと呼べる代物ではないと思いますが乱文ご容赦を。

ここから---------------

 僕のチケットの整理番号は500番台。この分なら開場後、すぐに入れそうだということで、16時過ぎぐらいにコスモスクエア駅に到着。改札を出たところで何人か「チケット譲ってください」の紙を持っていた人を見かけました。そこからZEPP大阪まで歩きます。僕にとっては先月のKANさんのライブ以来、2回目のZEPP大阪です。KANさんのライブはスタンディングじゃなかったですけどね。


 余談ですが、ZEPP大阪ってまわりになんもない(しいていえばWTCぐらいか)ですよね。お台場のど真ん中にあるZEPP東京に比べて、「臨海開発に成功した東京、失敗した大阪」的なイメージを持ってしまいます。それはZEPPとは関係はないですが。


 さて、会場に着くと、開場を待つ人たちが既に列を作っています。なんか、ピロチルZEPPツアーのTシャツ&タオルの人たちがいっぱい目につきます。やっぱり今日もミスチルファンが多い模様。僕もその一人ですが。


 コインロッカーに荷物をぶち込み、僕もミスターバスターTシャツ&タオル姿になり、開場を待つ列に並びます。この日はそんなには寒くなかったとはいえ、Tシャツ姿ではやはり寒いのは寒いです。列に並んだところでみかりんさんと先月のZEPPツアーに同行させてもらったIさんと出会い、ごあいさつ。Iさんとは今日のシークレットゲストの話になり、ステージの転換に時間がかかるからバンドは可能性低くて、たぶん弾き語り系の人やね、なんて言ってたのですが、この予想は後に大きく裏切られることになるのでした。


 さて、開場予定の16時半から10分遅れぐらいで開場し、比較的スムーズに僕も入場しました。とりあえず、ドリンクを引き換え、会場に入ります。既に前方はさらっと人で埋まっていますが、僕は前方には目もくれず一目散に最後方へ(笑)。会場田原さんサイド(出てないけど)の最後方の柵に陣取りました。ちょっと遠いけど、1段高いのでステージ全体が見渡せるいい場所ですね。


 で、開演予定17時半まで、まだ30分ぐらいあったのですが、場内では「まもなく開演です」のアナウンスが。オープニングアクトって開演前に演るんですな。実質的には開演です。以下、簡単に感想などを


菅原龍平

 
アコギ1本での弾き語り。趣味でアコギを少々かじっている者としては、右手左手、ギターの音中心に聴いてました。でも大変申し訳ないのですが、あんまり覚えてないのが正直なところです。


plane
 
こちらも、初めて聴くのですが、なかなかいい感じじゃなかったでしょうか。良かったと思います。若々しいサウンドですが、どこかミスチルに通じるようなニュアンスもあったりして。ボーカルの菊池さんも後方から見てると、桜井さんぽく見えました。服装が似てたせいもあったかな。ただ、僕も含めて会場が暖まってなかったことがすこし残念だったかも。レコード会社トイズなんですね。


ジェット機
 
いやあ、宮田和弥は宮田和弥ですね。宮田和弥といえば、僕らの世代はジュンスカのボーカルという印象が非常に強いわけですが。僕が高校生の頃、かなり流行ってましたからね。当時、J-POP(そんな言葉もなかったか?)に全く関心がなく、音楽といえばBOZ SCAGGS一直線だった僕(どんな高校生だ)でも、それなりに知ってましたから。

 なんか、あの頃と変わらない自由奔放なパフォーマンス!いや~、盛り上げ方をもう知り尽くしているって感じですね。ジェット機ファンも結構いたようですね。途中では観客席の上を歩くというパフォーマンスも!後ろから見てると、観客の肩を伝って歩いてるように見えるのですが、そんなわけはなく、センターから縦に設置されてる柵を伝ってたんですね。

 また、コール&レスの中でこの日のシークレットゲストがレミオロメンであることをバラしてしまうという出来事もありました。この後、MCの2丁拳銃が「僕らの仕事をとられた」と嘆いてましたね。

 とにかく、楽しかったです。


レミオロメン
 
あまり予想してなかったシークレットゲスト。今やってるアリーナツアーは行こうかどうか迷って結局止めたのですが、こんなところでまた聴けるとは。今年3回目(ap、ロックロックに続いて)です。
セットリストは(順番はやや怪しい)

1.明日に架ける橋
2.雨上がり
3.南風
4.スタンドバイミー
5.粉雪
6.3月9日

 僕は、レミオのファンかというと、「ファンとははっきりいえないけど、嫌いじゃない(というか好き?)」というポジションですね。まあ、この日演った曲は全て知ってるんですが。王道的な選曲ですが、僕は『雨上がり』好きなんでよかったです。


ミスチルファンとレミオファンはかぶってることが多いせいだと思いますが、完全にホームの雰囲気でしたね。ライブハウスは1年振りだと言ってましたが、野外よりも、これぐらいのハコ(あるいはアリーナクラス?)の方が、合ってるような印象を受けました。


 さて、レミオが終わると、いよいよアノ人とアノ人が登場したのですが、1度切ります。

banner_02

←ご協力おねがいします

|

« 帰還しました | トップページ | LuckyRaccoonNight vol.1大阪公演レポその2 »

音楽」カテゴリの記事

Mr.children」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LuckyRaccoonNight vol.1大阪公演レポその1:

« 帰還しました | トップページ | LuckyRaccoonNight vol.1大阪公演レポその2 »