« いよいよ明日! | トップページ | HOME TOUR 2007@横浜アリーナ レポっぽいもの その2(大いにネタバレあり) »

2007年6月 9日 (土)

HOME TOUR 2007@横浜アリーナ レポっぽいもの その1(大いにネタバレあり)

 今日、横浜より東京経由で戻ってまいりました(笑)。

 例によって、ライブ中に集中しすぎるせい(?)で、ライブ後は急速に「あんまり覚えてないや」状態になる僕ですが、少しでも記憶があるうちに感想を書いておきます。

ネタバレあるので名古屋以降に参戦する方は注意!!

もう一度言います。


   ネタバレありますよ!!

 さて、ではここからライブレポですが、念のため最後の注意喚起。




  ネタバレありますよ!!




では、ほんとにこの辺から。


 今回は2年前のドームツアーで知り合った東京のチル友さんと参加してきました。
早めに待ち合わせをしたので、開場まで外で待ってて5時過ぎに開場。

 中に入るとたくさんのお花が並んでて、見てみたんだけど、ほとんどがテレビ・ラジオ局、雑誌社からのものでした。アーティストからのお花は絢香からのだけだったかな。たぶん他にもいっぱい来てるんだろうけど、客に見える場所には置いてなかっただけかな。

 で、この日は僕は、バック側のアリーナFブロックでの参加。ナカケーのほぼ真後ろでJENを斜め後ろから見る位置。僕はシフクの時もバックスタンド席で参加しましたが、あの時はいかにも機材のない余ったスペースに席を作りましたという感じだったけど、今回は明らかに最初っからサイドバックを全開放することを意図したステージセッティングでしたね。

 そのステージをぐるりと取り囲むように細い花道らしきものが見えてて、チル友さんと「サイドいっぱいまでは桜井さん来ても、この細いとこまでこないんだろうなあ」という話をしていたのですが、それはいい意味で大きく裏切られることに。

 そんなこんなで、開演です。


1 彩り

 いやあ、またまた意表をつかれました。まさか初っ端にもってくるとは。でも、正直このときは曲に集中できなかったんです。
 それは音響。どう考えても音響が悪いんです。音がいわゆる正面の客席だけに向かっててバックには向かってきてないような感じ。シフクのときはそんなに音が悪かったような記憶はなかったので、ずっとこのままの音だったらどうしようと思ってました。

2 and I love you
 
 この曲も意外。大サビのところで、ラッキーラクーンナイトでKANさんが付け加えた歌詞を歌ってくれないかと期待していたものの、さすがにそれはなかったですねぇ。
 あ、このときからもう音響は許容範囲内になってまして、一安心でした。


3 yothful days
 
イントロのアレンジが鳴った瞬間に分かっちゃいます。これもちょっと意外だったかなと思う選曲。盛り上がるから好きですけどね~。

 でここまでの3曲聴いてて、なんか会場の雰囲気がいつもとすこし違うような気がしたんですね。うまく言えないんだけど、なんてゆうか、温かいというか。いつものライブが温かくないってわけじゃないけど。

4 箒星
 おお、続けて、これ来ますか?って感じでした。桜井さんステージをぐるぐる走る走る。
この曲はラストの「イェーイ、イェ」が楽しいわけですが、この日も期待通りで。

MC

うろ覚えですが・・・。こんな感じの内容だったかな。

「ツアーが始まって長い間遠方で活動してましたが、やっと、この、「HOME」 グラウンドに、戻ってきました!!」

「ぼくらは東京出身のバンドだけど、実は日比谷公会堂とか武道館でやったことはあまりなくて、でもこの横浜アリーナに関しては、数えたらなんと17回目なんです。だから横浜がホームみたいなもんで、最多・・・かなと思ったら、実は最多は大阪で22回だったんですけど。」 (観客「ええぇえええ~」)


「僕らはそもそも大阪から火がついたバンドですから。あれ、みんな知らないの?ちょっと歴史を語ろうか?」 (この後、JENが桜井さんのしゃべりに合わせて怪しげな雰囲気のドラムを叩いてました(「事件」の雰囲気って言ってた)。

「思い起こせば今から15年前、「Everything」という6曲入り(←筆者注:ホントは7曲です。)のミニアルバムを出したんだけど、思った通りさっぱり売れず・・・でも、大阪のあるラジオ局(←筆者注:当然FM802ですね。)でその中の『君がいた夏』という曲を結構かけていただきまして、そこそこ評判になってシングルカットすることにもなったので、ここぞとばかりに、さも大阪中心で活動しているバンドのようにプロモーションして、そして今に至るわけで。だから大阪は多いんです。」  

 あと、コバタケ氏がこのツアーに初めて一緒に回ってるということと、この日が氏の誕生日であることなんかを。


5 Another Story
 楽しみにしていた1曲。やっぱり生で聴くとまた違った趣が。最後のコーラスがCDでは何と言ってるか分からなかったので、ライブで聞き取ってやろうと思ってたのですが、CDどおりにコーラスしなかったような気が・・・。

6 もっと
 ごめんなさい。あんまり記憶が・・・。

7 いつでも微笑みを
 これも相当意外な選曲。
 「もし僕がこの世から巣立って逝っても 君の中で僕は生き続けるだろう」
 ZARDの坂井泉水さんの死の後に、彼女の音楽がクローズアップされたように、音楽家の人はいつか亡くなったとしても、その人の音楽はずっと残る。それってなんてうらやましいことなんだろう、とか思いながら聴いてました。


8 PIANO MAN
 アルバム「HOME」の中でも大好きな1曲。
 最近はライブで何でもかんでも手拍子するのはやめてるんですが、この曲は手拍子がよく似合います。そして、なによりも注目は、ましてやバック席にいる僕の注目は、当然JENのスティックさばきです。もう堪能させていただきました。特にラストの「all right・・・」の前のピアノとドラムのシンバルが絡みあうとこね。

9 ランニングハイ
 
桜井さんの「駆けて~みよ~」からのおなじみの入り方。
「時代とか 社会とか」の部分にこの日は追加の歌詞が。
「時代~とか 社会~とか でっちあげてでも! でっちあげてでも! 敵に~仕立て~ないと」って。
 この「でっちあげてでも」の歌い方が鬼気迫るものがあって少し怖かった。なんかあったのかな?と思えるぐらいに。

10 Imagine(ジョン・レノンカバー)
 うーん。なんじゃこりゃ、と正直思った。たぶん後の
『CENTER OF UNIVERSE』との繋がりに意味があるのかもしれないけど、『掌』で「ひとつにならなくてもいい」と歌ってるのに「世界は一つになる」というのもね・・・。

11 CENTER OF UNIVERSE

 ライブの時には深く考えなかったけど、「ああ世界は素晴らしい」のは「僕こそが中心」だからなんですよね。つまり、すごーく個人的な世界から出発してるような。なんで、Imagineだったんでしょうか。


12  Dance Dance Dance
 
この日のセットリストはライブアレンジであってもイントロ聴けばほぼパーフェクトに何の曲か分かった(イマジン除く。)のですが、唯一曲が始まるまで分からなかったのがこの曲でした。なかなかかっちょいいアレンジで。
 イントロから1番終わりまで、新たなアレンジだったわけで、こういうときはじっくり聴きたいと思い、お約束の「give me love give you up give me one true」はやらずに静かにしてました。
 1番がおわると特効もありーので。横アリでの火薬使った特効って珍しいような。横アリ3回目だけど、過去2回は紙テープぷしゅ~みたいなおとなしいのしか記憶にないのですが・・・。


13 フェイク
 
これも楽しみにしてた一曲。桜井さんがエレキを持っていなかった(よね?)のでまたちょっとスカスカな音になるのではと心配しましたが、それほどでもなかったですね。
 初めてZEPP TOKYOで聴いたときに桜井さんが「体で感じてほしい」と言っていたことを思い出し、これも手拍子は見送り。
 まだまだ、この曲は奥がありそうです。またこれからのライブでの演奏に期待します。

14 Any 
 この『フェイク』~『Any』の流れが僕にとってのこの日のハイライトでした。だって「全てはフェイク」と歌ったその後に

  「その全て真実~」からこの曲を歌い始めるんですから。まさに表と裏は紙一重である(あるいは捉え方次第)ということを表現してる気がしました。それに「12色の心」は『彩り』にも繋がってる。

 そして、音源に忠実な演奏と思いつつも、少しづづアレンジが施され、圧巻は2番終わった後に会場が真っ暗になり、間奏が終わると桜井さんだけにスポットがあたって(←この辺記憶曖昧です。真っ暗のままだったかも)「交差点、信号機・・・・」そして、ラスサビで一気に照明が点灯するという。これは書いても伝わらないかもしれませんが、とにかく凄い演出でした。
 あの・・・実はこのラスサビで思わず泣いてしまいました。ライブで涙がでるなんてめったにないのですが。2度目かな。1度目はドームツアーで弾き語りの『CROSS ROAD』を聴いたときだったのですが。

 一度切ります。
 

|

« いよいよ明日! | トップページ | HOME TOUR 2007@横浜アリーナ レポっぽいもの その2(大いにネタバレあり) »

Mr.children」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HOME TOUR 2007@横浜アリーナ レポっぽいもの その1(大いにネタバレあり):

« いよいよ明日! | トップページ | HOME TOUR 2007@横浜アリーナ レポっぽいもの その2(大いにネタバレあり) »