« 2008年8月 | トップページ | 2009年3月 »

2008年9月 7日 (日)

HANABI

 久々にフラゲすることができず、ようやく『HANABI』を買いました。とはいえ、発売前から結構聴いてはいましたが。

 とりあえず、簡単に感想を。

『HANABI』

 前に書きましたが、世間の評価とはおそらく違い、僕の中では新曲3曲の中では最も評価が低かったわけで。
 その理由は「曲が軽すぎる気がする」というものでした。キャッチーな曲も度をすぎると・・・耳を右から左に通り抜けて残らない、という印象だったのですが、フルバージョンを聴けばきくほどここにきてじわじわハマりつつあります。

 この曲の最大のポイントはCメロから半音上がっての最後のサビに入るとこでしょう。それも歌声がとぎれずに、つながったまま半音上がって、最後のサビで演奏がブレイクするあの一瞬がたまりません。
 『Tommorow never knows』も似たような展開なのですが、こっちは全音上がるし、歌声は途切れてるんですよね。

ミスチルの曲はこの曲に限らず、Cメロがすごくいいですよね。そのCメロの歌詞ですが、

「滞らないように 揺れて流れて 透き通ってく水のような 心であれたら」

の部分は、サビの

「臆病風に吹かれて 波風が立った世界」

と繋がってる気がしました。

 つまり、波風が立たないと水は揺れたり流れたりしなくて滞り、淀んでしまう。だから波風が立っている方が健全な世界なんじゃないか、みたいな感じで。

 あと面白いのが曲の構成ですね。

 Aメロ、Bメロときて、次にサビに行かずにまたAメロに戻ってからサビに行くという構成です。
 同じような構成には『名もなき詩』がありますが、この曲との違いは『名もなき詩』が2番も同様の構成で進行なのですが、この曲は2番はA-B-サビという通常の展開をたどっています。

 そして、PVにも触れておきます。

 今回のPV、いいですね。シンプルで。メンバー4人の演奏シーンもあるし。個人的にはエンディング近くに映る田原さんの横顔が好きで仕方ありません(笑)
 薄暗い中で4人で輪になって演奏してるシーンを見て思い浮かんだのが『CHILDREN'S WORLD』の、

 「空き地の隅に組み立てた 秘密の基地へ走ってく ママの口癖も 聞こえないふりで 仲間を集めて 始めよう」

 という一節でした。なんか、薄暗い秘密の場所で、4人の仲間で音楽を始めたようなイメージにも見えて、それがこの曲の歌詞とリンクしたのです。

 ということで、僕にとってはまだ評価の定まらない曲ではありますが、聴きどころは多かったと思います。

『タダダキアッテ』 

 まあ、こういう曲だってのは事前の情報で想像がついていたわけですが、一言でいうなら、

  『道化師』 

のような曲だと言っておきます。意味はまあそのまんまですね。

『夏が終わる~夏の日のオマージュ~』

切ない曲ですね~。

 あとはサザンの『いとしのエリー』に聴こえてしまう部分があります。(特に「強い日差し 蝉の声 陽炎」のとことか)

 Aメロは『いとしのエリー』と似たようなコード進行が使われているのかもしれません。そうすると、裏テーマとしてサザンへのオマージュということもあるのかもしれませんね。

 と、シングルの感想を書きましたが本命はやはり『少年』ですね。おそらくアルバムだと思われますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2009年3月 »