« HANABI | トップページ | Tour2009~終末のコンフィデンスソングス~@サンドーム福井(その2) »

2009年3月28日 (土)

Tour2009~終末のコンフィデンスソングス~@サンドーム福井(その1)

行ってきました。このツアー初参戦となる3月20日の福井へ。

 ライブレポっぽいものですから当然ネタばれがあります。まだ参戦してない方は注意してください。

ではライブレポらしきものです。が、最近僕はライブに集中しすぎてるのか、ライブが終わったと同時にライブ中のできごとが思い出せなくなっています(爆)

 したがって覚えてる範囲で。

 まず、会場のサンドーム福井について。

 僕はアリーナの一番後ろから3列目にいましたが、比較的よく見えてライブを楽しむのに何の問題もありませんでした。それに、会場の形状がまん丸で、アリーナとスタンドが物理的にはっきり区別されていないので、そのことがライブの一体感を高めるのに一役買ったのではないかと思います。

 恐らく、今後またここでライブがあれば、全力でチケット取りに行くと思います。

 とにかくいい会場でした。

 さて本題。

 僕はツアーグッズのJUMPTシャツ(グリーン)&マフラータオルで参戦です。ライブが始まってしまえば半袖でも全然大丈夫でしたよ。

 そして、開演時間から約15分後・・・会場が暗転し例によってスクリーンに映るアニメからスタート。近未来的な画像のなかに3Dメガネみたいなのを掛けた人がいたんだけど、僕はその人がウルトラマンに見えました。あと、『花の匂い』のPVのウサギさんも登場してました。

 そして4人が登場です。さあ、1曲目はなんだろうと期待が膨らむなか始まった曲は

1 『終末のコンフィデンスソング』

 おお、やっぱりこの曲ですか。でも、このツアーのオープニングはこの曲しかない気がしました。「デルリ デリデレ」というリフをユニゾンするとこがやっぱり楽しいですね。
 桜井さんはアコギ持ってたんだっけ?記憶にありません。

2 『everybody goes~秩序の無い現代にドロップキック~』

 早くも2曲目にこれを持ってくるかって感じ。でもこの曲も久し振りですね。ワンマンではPOPSAURUS以来かな。

 と思いつつもこのあと僕の中ではこのライブで一番のピークを迎えてしまうのです。


 それは間奏の「ラドシラドシラドシラドシラレドシ」という特徴あるリフを迎えたころ。
 
たしか、この曲では桜井さんもいつものようにエレキを持っていて、このあとのギターソロもいつものように桜井さんがやる(QとかPOPSAURUSのDVD参照)んだろうなと思ったら、桜井さんは間奏始まったらステージの奥の方に引っ込んで、ソロ始まるころになっても前にでてこないんです。え、っと思ったら

 なんと・・・

 なんと・・・

 
なんと・・・

 田原さんがギターソロ弾いてる!!!!!!!!!

 そしてスクリーンに映る田原健一の手元!!

 もう感動で気絶しそうだし、涙出そうだし、わけわかんなかったです。田原ファンとしては失礼だけど、こんな日が来るなんて正直思ってなかったです。素晴らしかった!!
 
   この曲では田原さんはレスポールのイメージが強いんですが、記憶が定かではないけどこの日はいつもの青のテレキャスターだった気がします。ギターソロに備えて自分の一番お気に入りのギターをチョイスしたんでしょうか(前の曲からの流れもあると思いますが)

3 『光の射す方へ』

 この曲も定番で、アレンジも定番のアレンジですが、いつも特効使うところで今回は何ももありませんでしたね。来る!と思って身構えてたので拍子抜けでした。
 あと、ラストが若干アレンジ変わってた気もしますが、記憶があいまいです。

 ラストは白のストラトキャスターの田原さんを堪能。でもたまにはオリジナルバージョンも聴いてみたいなこの曲は。

MC

「福井が初めてということで、福井チェリーボーイなんでみなさん優しくしてください。そして、ミスチルチェリーボーイ、ミスチルバージンの皆さん・・・優しくします(笑)」と下ネタ。

僕の後ろに2人の子供を連れたお父さんがいたので、人ごとながらヒヤヒヤしました。だって「おとーさん、いまのどういう意味?」とか子供に聞かれたらねぇ。

あとは、

「「SUPERMARKET FANTASY」を聴いて初めてライブに来てくれた人もいるだろうし 、もう何回もミスチルのライブに来てくれている人もいると思いますが、今日はあんな曲からこんな曲までやりたいと思います。 まずは「SUPERMARKET FANTASY」から・・・」

と言って始まった曲は・・・。

4 『水上バス』

アルバムを聴いたときにはイマイチピンとこなかった曲ではあったのですが、聴き込むたびにハマってきてた曲です。
 この曲だったか次の曲だったかあいまいですが、ライティングが良かった記憶が。両サイドの天井から壁にかけて桜井さんの影が映ってて。小さな会場ならではだったのでしょうか。
あとは間奏だったかアウトロだったか忘れましたがナオトの口笛があった気がします。

5 『つよがり』

 水上バスからのつながりはもう胸キュン(古い)。これも久しぶりですね。でも過去に聴いたときの演奏が全然違って聴こえるのです。

MC2

 桜井さんが黄色のレスポールジュニア(たぶん)を持って登場。僕は初めて見るギターでしたが、某ミスチル機材サイトで確認すると前から所有してるギターみたいですね。

「今の『つよがり』は今日の店長のオススメです。これからもオススメが出てきます。」

と。で、話題が変わって

「皆さんはもし生まれかわるとしたらどんな生き方をしたいと思いますか?次の曲の主人公はロックスターに憧れています。」

 この時点でもう次の曲は何かわかります。僕がやらないかもしれないと思っていたアノ曲ですね。

「それも環境問題や社会問題に取り組んでいるような最近のロックバンドではなく、セックス、ドラッグ、R&Rそしてセックス(笑)のいにしえのロックスター、朝まで飲んだくれて、部屋にはガンダムのプラモデルをいっぱい飾ってて、トイレには綾波レイのフィギュアで埋め尽くされている鈴木君のような生き方をしてる人のことです。」

といったようなことを。その時にJENがプラモデルらしきものを手にとり、そこから白い帯みたいなものを引き出して

「謀ったな!シャア!」

と一言。そこで、スクリーンに映し出されたものがこちら

はい。僕らぐらいの世代以上の方のみ大爆笑。これはファーストガンダムでガルマ・ザビが赤い彗星・シャアに騙されてホワイトベースに体当たりせざるを得なくなったときの名セリフですね。

 そのときにガルマが乗ってたのが、写真のガウ攻撃空母です。それにメジャーをつけて、

「測ったな!シャー!」 

というわけです。ちなみのこのメジャー、ガウの車輪?を回して収納されるので、JENが収納するのに車輪を手で回してしゅるしゅる収納しているさなかに桜井さんがカウントして、JENを焦らせておりました(笑)

 そうして始まったこの曲。

6 『ロックンロール』

 さっきも書きましたが、ミスチルの新アルバム発売に伴うツアーでは1曲ぐらい新アルバムの曲で演らない曲があることが多くて(例えば「HOME」では『SUNRISE』)、今回のツアーではこの曲をやらないのではないかと思いました。
 曲がはじまっても、JENを全面的にフィーチャーで面白かったです。スクリーンに右からJEN!左からJEN、正面からJEN!みたいな感じで。

 そして「結婚などしないで」という歌詞の部分では桜井さん、JENを見て強調して歌ってました(笑)例の噂はどうだったのか定かではありませんが。


 ご一緒したチル友さんはJENの熱烈なファンなので、大満足だったようです。

 個人的には間奏のギターソロが注目でしたが、さすがに田原さんではなく、桜井さんでしたね。桜井さんのギターの影でバッキングしてる田原さんのギターもいいですよ!!
 
 すごく楽しかった曲ですが、ミディアムな3連のリズムなんで、曲に乗りづらかったというのはあります。手拍子するような曲じゃないだろうとは思いますが。

7 『東京』

 
歌詞の「東京」の部分をご当地に言い換えるのではないかとも思ってましたが、強引になるからでしょうか、そんなこともなく。
 スクリーンにはオープニングに出てきたウルトラマンっぽい男の人が。歌詞にそったストーリー仕立ての映像でよかったです。スクリーンに意識がいってて、それ以外はあんまり覚えてないや。

8 『口がすべって』

 
うーん。映像がねぇ。戦争を想起させるのがあって、まあ、歌詞にもあるんだけど、このツアーのコンセプトからすると、あんな映像いらないと思います。
 でも、この曲。2コーラス終わりから、Cメロはいいですねぇ。

9 『ファスナー』

全く予想外の選曲。一緒に福井入りしたチル友さんが、ウルトラマンのお面を持ってた意味がこの瞬間にわかりました。
 この曲は過去にやったときは、ナカケー出番なし。JENもいるのかどうか分からない、ぐらいの感じなんですが、今回は4人が全員ステージに揃ってて。新たなアレンジが施されていました。
 また、田原さんがアコギを持つ数少ない曲で田原ファンにとっては貴重な曲です。で、田原さんのギターも過去とは違ってて。過去は表拍を強調した8分なんですが、今回はちょっとルーズな感じの4分で弾いてました(表現があってるかは自信なし。)。

 2コーラス目からは新たなアレンジにより、より重厚な感じになってた気がします。

10 『フェイク』

 
裏フェイクから始まるap同様のアレンジかと思いきや・・・・。
 実は記憶があいまいなんですが、間奏で新たなアレンジがされていて、田原さんがスクリーンにアップになり、めちゃくちゃカッコイイフレーズを弾いてた気がします。
 次のさいたまで確認したいと思います。

長くなるのでいったん切ります。

|

« HANABI | トップページ | Tour2009~終末のコンフィデンスソングス~@サンドーム福井(その2) »

Mr.children」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tour2009~終末のコンフィデンスソングス~@サンドーム福井(その1):

« HANABI | トップページ | Tour2009~終末のコンフィデンスソングス~@サンドーム福井(その2) »