« 2009年3月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年7月29日 (水)

ap bank fes'09 初日(その3)

転換のときには、珍しく機材のトラブルがあったみたいで、若干手間どってたんですが、いよいよミスチルの部です。

 登場してきた4人を見ると、桜井さんのどぎついピンクのTシャツにこれまたびっくり。今まで見た数々のピンク衣装のなかでも一番ショッキングだったかも。
 なお、田原さんはある意味ああ田原さんだ~と思う衣装でした(なんのこっちゃ)

 で、そんな桜井さんがアコギを持つのですが、カポ(『しるし』とか『HANABI』のときにギターについてるクリップみたいなやつね)が3フレットについてます。3カポの曲って何があったっけーと考えてるうちに始まったのは

1 『Simple』
 まったく予想外のこの曲。でも初めてライブで聴くので嬉しかったです。3カポなので、原曲より半音下がってます。ちなみにI揺れるハートUの特典で収録されてる弾き語りは2カポで全音下がってます。

 で、ああ嬉しいなと思ってるとアクシデントが。僕の左側にいた4人ぐらいの男グループと右にいた3人ぐらいの男グループが最初っから大声で歌うんです。ああやめてくれ~と思いながらも、初めて聴くこの曲を楽しみました。

 曲が終わって桜井さんの一言

「Mr.Childrenです!!めーいっぱい楽しんで下さい!もう好きな曲自由に歌ってくれていいから!!」と。

 僕は思いました。

 「やばい!これで彼らはお墨付きをもらったと思ってますます大声で歌うやろ。切り替えないと楽しめない・・・」

 で僕は切り替えました。まあ結論からいうと彼らは最後の最後まで「ここはカラオケか!」と思うぐらい歌ってましたねバッド(下向き矢印)しかもバンドがブレイクしてコバタケ氏のピアノ+桜井さんというところでもかまわず大声で。もうちょっと歌うにしても考えるやろ!と思いましたが。

ま、そんなことはさておき次の曲は

2 『靴ひも』
 うーん、これも意外な選曲。もう記憶があいまいなんですが、桜井さんがブルーフラワー(花柄の青いエレキね)持ってた気がする・・・。
 第2部でやけにゆっくりと靴ひもを結び直して、それがスクリーンに写されてたのは、この曲への伏線だったのかなとも思ったんですが、考えすぎ?

3 『箒星』
 2006年のこのfesで初めて聴いたんですよね~。でも、もうその時と同じアレンジだったのか記憶がありません。
 目についたのは田原さんのギターが『靴ひも』からチェンジせずに、Chet Atkins Country Gentleman(たぶん)だったことでしょうか。いつもだったら、黒のテレキャスターシンラインなんですけどね。このギターでイントロのオクターブと間奏のスライドギターをやるのは新鮮でした。
 僕のいる左の花道にも来てくれたし。
 あと、この曲ってサビはいつも手拍子だった気がするんですが、この日は縦振りに変わってましたね、なんでだろ?


4 『エソラ』
 「終末の~」ツアーと同じアレンジで。ライブの定番になりそうな感じですね~。この曲もツアーのときは「ROCK ME BABY」のとこ以外は手拍子でしたが、この日は縦振りで。
 田原さんはこの曲でも僕のいる左の花道に来てくれましたー!
 個人的には最後のサビ前の「チャッチャチャッチャッチャッチャチャー チャッチャッチャチャッチャー」を手拍子で揃えたいんですが。
 あと、桜井さんが出島のポールに登ってた。田原さんもそれみて笑ってました。
 全体的に桜井さん、ワンマン以上にテンション高かったですねー。
 何の曲か忘れたけど、結構激しくこけてたし。
 
5 『彩り』
 「3年前のこの場所で、このap bank fesで産み落とした曲をやりたいと思います。里帰りです。」という桜井さんのMCで始まりました。
 でもapバージョンだったかシングルバージョンだったか記憶がないです。シングルバージョンだった気がするけど。

6 『タダダキアッテ』
 ステージ右側の花道の出島で。びっくりなことにドラムセットも出てきて、JENまで移動。ナオトだけ除外なのが若干気になりましたが。
「ジェンがね、すごい新鮮って!! オレや田原や中川はここまでこれるからね(笑)」 って言ってました。そりゃそうだ。ドラムは動けないからね。ワンマンでも『mirror』とか『あんまり覚えてないや』とかでステージの中央に出てくることはあっても花道はないしね。

 で、「ディカプリオの出世作なら~」って歌いだしたんですが、あれ、なんか音程が変だと思ったら、すぐ中断。
 どうもコバタケ氏のピアノのイントロがまだ続くはずなのに、途中で入ってしまったようでした。それで、つられて違う音で歌った感じでやり直しです。

 『タダダキアッテ』の歌詞なんだけど、アレンジは『タガタメ』に近い感じでした。


7 『overture~蘇生』
 理由はないけど、絶対やる気がしてた曲。
 ただ、overtureのときのスクリーン映像がいつもの日食ではなくて、つま恋の風景でした。
 この曲もサビは縦振りになってましたよね? 


8 『and I love you』
 この曲も05年にこの場所で聴きましたね。
 原曲から付け足されてる「未来がまた一つ・・」のとこと、アウトロのアレンジが大好きです。
 1回、LRNのときに付け足した歌詞でもやってほしいんですが。


9 『終わりなき旅』
 アレンジがいつものライブバージョンと全然違ってて、イントロでは分かりませんでした。いつものヤツだと、僕は世間ほどこの曲が好きではないので(だって僕の人生の応援歌は『ALIVE』だから。)、ちょっと食傷気味だったかもしれないけど、別アレンジだったので新鮮でした。まだ、こんなアレンジ隠してたのかって感じで。
 「どこかにあなたを必要としてる 人がいる」って歌ってくれたのもよかったです。
 桜井さんってエレキ持ってたっけ?持ってたとしたらブルーフラワー?全然覚えてません。


10 『僕らの音』
 毎年、最後の曲って考えてるな~って思います。
 「バイバイ~」で始まり「僕らの音」で終わるこの曲もラストにふさわしい曲です。全くノーマークでしたがあせあせ
歌詞も「君は7月、つま恋に吹き荒れた通り雨」と変えて歌ってくれました。初日は雨降ってなかったけど、雨降ってたらもっといい感じだったでしょうね。
 
 そんな感じであっという間に終わってしまいましたが、一見ベスト的な流れなんですが、実は10曲中シングルは3曲です。そしてアルバムのリード曲が3曲。アルバム曲でもリード曲ってシングルに近い存在感がありますよね~。

 今年の収穫はギターでもよく弾き語る『Simple』が初めて聴けたこと、そして、残念なのは今年も『こんな風にひどく蒸し暑い日』が聴けなかったこと。fesにぴったりの曲だと思うんだけどなあほっとした顔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

ap bank fes'09 初日(その2)

さて、第2部

 まずはBankBand。

『スローバラード』 (RCサクセション)

 この曲、06年も聴きました。清志郎さんがガンで出演キャンセルになって・・・。そして昨年も。いつかはapのステージに上がってくれると思ってましたが。
 櫻井さんは清志郎さんのことについては、特にコメントしませんでしたが、想いはしっかり伝わりました。
 ミュージシャンって自分が亡くなっても名曲はずっと歌い継がれていく。それはなんて幸せなことなんだろうと思ってしまいます。

そして再びゲストアーティストの登場

芽大塚愛芽

『バイバイ』
『ネコに風船』
『愛』

 彼女は去年も観たのですが、去年はもう緊張でガチガチで、全然持ち味が出しきれなかった印象だったんです。
 でも今年は適度に力が抜けてて、いい感じでした。

 リハでコバタケ氏に「その曲はちょっと・・・」と言われたにもかかわらず、説得して最後はコバタケ氏が怖い顔でやさしく「じゃ、やる?」と言って演ることになったという『ネコに風船』は、両サイドのスクリーンに歌詞を映しながらでしたが、これがまたちょっとうるっときてしまういい曲なんです。彼女が演りたかったのも納得です。

 『愛』は僕のいたステージ左側の出島に櫻井さんとコバタケ氏を従えての3人でアコースティックな感じでの披露。
 この曲はCMで流れてるから知ってましたが、生で聴くとやっぱりいい曲です。

 前にも書きましたが個人的にはこの日のベストアクトだったかもしれません。良かったです。


芽ポルノグラフィティ芽

『今宵、月が見えずとも』
『リンク』
『ハネウマライダー』

 ポルノは06年にも観てて、その時も相当楽しかったですが、今回も期待通りで。
 僕は特別ファンでもないですが、なぜか3曲とも知ってるっていう。
 前回出演時は直前に『ハネウマライダー』がリリースされてたのですが、演らなかったのがちょっと残念だったので、今回は演ってくれてよかったです。なにより、ブンブンタオル回すのが楽しかった!でも、タオル回すのってサビだけのはずなのに(←なぜファンでもないのに知ってるんだろう)、みんなAメロから回すもんだから、アキヒトが歌ってる途中に「回すのはサビだけでいいから!」って言ってたのがおもしろかったです。
 「前にap bank fesに出た時に、 地球に優しい男になると宣言したのに、今、全然地球に優しい男になれていない。 だからもう一度、今日ここで感じたことを、忘れないようにしたい」といった感じのMCもよかった。

 さて、さんざん盛り上がった後は、櫻井さんの憧れの人


芽甲斐よしひろ芽

『漂泊者(アウトロー)』
『翼あるもの』
『破れたハートを売り物に』
『HERO(ヒーローになる時、それは今)』

 僕は高校生の頃、甲斐バンドのベストかなんかを聴いていたことがあったので、最後の曲はもちろん知ってますが、それ以外の3曲とも聴いたことあるなーって感じでした。
 『漂泊者(アウトロー)』 ではギタリスト櫻井和寿のギターソロが楽しめたし、『破れたハートを売り物に』では櫻井さんとのハモリが最高でした。
 また、甲斐さんのステージングも激しくて、マイクスタンドを回すパフォーマンスにはどよめきが起きてましたね。
 櫻井さんのステージングも甲斐さんがベースにあるのはしってましたが、ステップの踏み方とかホント同じなのがよくわかりました。

 甲斐さんが退場したあとのMCでも櫻井さん本人も「動きが似てたでしょ」って言ってました。

 やっぱり、甲斐さんみたいな大御所がいるとfesが引き締まりますね。


芽トータス松本芽

『サムライソウル』
『ミュージック』
『涙をとどけて』
『明星』


 実は、甲斐さんがゲストアーティストのトリだと思ってたので、トータスが後だったのは意外でした。しかも坊主になってた・・・。
 ウルフルズ含めてこのfesで観るのは3回目なんですが、直前にウルフルズの活動休止発表やその直後のフリーライブの後初めてのソロライブということで。

 本人もいろいろな感情があってもやもやしてることを率直に話してくれて。
 「やっぱり俺は歌うことしかないんやなって思いました。呼んでくれてありがとう!」って。

 『ミュージック』ではちょっと涙ぐんでるようにも見えました。

 ラストの『明星』で「何もかも間違いじゃない 何もかも無駄じゃない」と歌うのがもうね、たまりませんでした。伝わってきて。

 ウルフルズはメジャーで活躍してる数少ないミスチルの同世代バンドなので、またいつの日か戻ってきてほしいし、この日のトータスを観て、絶対また帰ってくる日がくると思いました。


 再び Bank Band

櫻井さん「RCサクセションの中でも、すごく好きな曲があって、『ステップ』っていう曲なんだけど、知ってる人は手を挙げてみて?」

 知りません・・・。まわりもほとんど手を挙げた人はいませんでした。

櫻井さん「そんな感じだと思った。そんなにメジャーな曲じゃないんだけど、 心も、体も、自由に踊って、みんなも僕もEXILEみたいに踊れたりはしないけど、 心と、体と、全身で音を感じて! で、RCが大好きなあの男も呼びたいと思います!」

ということで、再び トータス登場!

トータス「あー嬉しい。清志郎さんの曲が歌えるーーー!!!」

『ステップ』

だいぶアレンジがされてるのかもしれないけど、清志郎さんの曲でこういうのがあるのは意外でした。

櫻井さん、トータスを引き連れてステージを縦横無尽に走ってた。2回ぐらいこけそうになってました。(1回はこけてしまってた気もする。)

曲が終わり、ほどけた靴ひもを結び直す櫻井さんの姿がスクリーンに映し出されました。それは今思うと後の伏線のような気もします。

そして、

櫻井さん「まだ踊り足りないだろ? もう一曲、踊れるの、やるから!
もう、聴いてくれた?」という言葉から始まり、この曲が生まれた背景をいろいろ説明してくれました。

「本日、筆おろし、ライブチェリーボーイな(笑) 『奏逢~Bank Bandのテーマ』 」と得意の下ネタをまじえつつ。

『奏逢~BankBandのテーマ』

 この曲も両サイドのスクリーンに歌詞が。
 僕の携帯は残念ながら着うたフル非対応なので、某動画サイトで1回聴いただけなのですが、ポップで楽しい曲ですね。個人的にはなんとなくサザンの『みんなのうた』と共通するものを感じました。

『慕情』(サザンオールスターズ)

 聴いたことある曲だけど、誰の曲だったか思い出せず。サザンでしたね。ちょっと切なくて心にしみました。

 さて、これで第2部も終了。次はいよいよMr.Childrenの部です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

ap bank fes'09 初日(その1)

レポです。

僕はB1ブロックでの参加でした。

BankBandが登場してまず驚いたのが櫻井さんのいでたち。
ハット被って全身真っ白け~。去年のドクロマークのベストもあれでしたが、帽子系のイメージが全くないし、真っ白だし(笑)

あと個人的にはビオラの菊池さんが髪をアップにしていたのに胸キュン(笑)

さて、そんな中始まったのは意外にも
 
『糸』(中島みゆき)

でした。2005年以来かな。当然『よく来たね』で始まると思っていたので意表をつかれました。

 櫻井さんも「すっごい幸せ」って。本当に始まったのが幸せで仕方がないという表情でした。


『明日のために靴を磨こう』(HEAT WAVE)

「ずっとやりたかった曲」って言ってたと思うけど、曲聴いても誰の曲か分かりませんでした。帰ってきてからHEAT WAVEの曲って知ったんですが、HEAT WAVEってシフクのときの別カドに寄稿してましたよね。


さて、ここからはアーティストの登場です。

トップバッターは

芽中村中芽

『風立ちぬ』
『働き者』
『台風警報』

 彼女は昨年も見ましたが、やはりたたずまいが凄い。えもいわれぬ迫力があります。
 この日の出演者の中では一番MCでしゃべってましたねー。『台風警報』では歌舞伎みたいにぐるぐる頭を回し、髪の毛を振り乱す姿もインパクト大でした。

芽GAKU-MC芽

『Fight for YA right』
『手を出すな!』

 おなじみガクエム氏。『Fight for YA right』は前夜祭のライブでも演ってましたが、 前夜祭ではアコギでの弾き語り風バージョンだったので、2度楽しめました。
 06年以来の『手を出すな!』も楽しかったっす。
 ここでBankBandのメンバー紹介もあったんですが、毎年まとめて紹介される四家卯大カルテットが一人づつ紹介されたのも新鮮でした。(いつもなんでひとまとめなんだろと思ってたので)

続いて、今年からの新企画、出島。ステージの花道の途中に作られたスペースに出張って、お客さんに近い位置で演奏するという試みです。コバタケ氏とギターの小倉さんが出島に移動して登場したのは。

芽My Little Lover芽

『白いカイト』
『Hello,again~昔からある場所~』
『音のない世界』

 僕はマイラバ全盛期に学生時代を過ごしてるし、akkoは同い年ということもあって、1,2曲目はしみじみしましたね。

 印象に残ってるのは、『白いカイト』のときにコバタケ氏がめちゃくちゃいい笑顔だったんですよ~。
 あとは、『音のない世界』だったと思うけど、コバタケ氏がコーラスしてたあせあせその声はうーん・・・でしたが。

 ただ、akkoは声が出にくそうな感じだったのがちょっと残念でした。

続いては

芽福原美穂芽

『CHANGE』
『HANABI SKY』
『優しい赤』

 初めて生で聴く人。イメージとしてはパワフルで黒系の声の人だなあと思ってたのですが、『優しい赤』では、そのイメージを覆すような歌唱でした。僕はこういう歌い方が好きです。

 彼女は櫻井さんがMステで共演した時に、うらやましいと思って、是非共演したいと思って声をかけて出演が決まったそうです。

 ここで第1部のゲストアーティストは終了で再びBankBandだけに。

 櫻井さん「年とったからなのかな。もう最初から泣きそうなんだよ」って

そして「経済の発展が第一で、環境のこととか何も問題視していなかった時代を歌ったこの曲を、敢えてお届けしたいと思います」 みたいなことを話して。

 この時点でもうあの曲が来るなと思うわけです。

『煙突のある街』(真島正利)

 この曲やるなんて思わなかったです。でも、この曲の途中で、最近あまり見せたことがなかった櫻井さんの狂気をはらんだあの眼が出ました!(わかる?)ダーク櫻井の部分です。

 最近は、すっかり笑顔ばっかりになって、それは別に悪い事じゃないと思ってますが、それでもこんな表情がまだちゃんとあるんだと思うと妙に安心しました。

 ということで第1部終了です。とりあえずここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年12月 »