« ラッキーラクーンナイト5(その2) | トップページ | Mr.Children/Split The Difference »

2010年7月25日 (日)

ap bank fes'10 初日

もう一週間経ちましたが、今年も行ってきましたわーい(嬉しい顔)

早くも記憶があいまいになりつつありますが、とりあえずミスチルのレポだけ書いときます。



今年のapは例年と違うとこがいっぱいあって、例えば

クローバーブロック指定がなくなった
クローバー2ステージ制になった

とかあるのですが、もうひとつ

クローバーMr.Childrenがトリじゃなくなった

というのもあります。

ということで、この日のミスチルのスタートは15時、というちょっと過酷な時間帯だったのですが、休憩時間中にゆったりゾーンから立ち見ゾーンの真ん中あたりまでもぐり込みました。

時間直前に一気に人の波が来てちょっと怖かったっすあせあせ(飛び散る汗)

さて、休憩がおわって、メンバーが登場すると、聞いたことのあるあの曲が流れてきました・・・。


1 Dive~シーラカンス

いやぁ~、Diveが流れはじめたときにはもうびっくりでした。
2005年のドームツアーの大阪初日以来でしょうか。

今回もLRN5のときと同じく、メンバー4人+コバタケ氏の5人編成で。
Diveが流れてる中、メンバーはおのおのポジションについたのですが、ここでまたも驚くべき出来事が。

なんと、田原さんが椅子に座ってアコギを持ったのです(またそれかいとか言わないようにあせあせ

で、そのまま『シーラカンス』に突入したので、「僕の大好きなあのエレキパートはどうするんだ?」と思ったら、歌が始まると立ち上がっていつもの青テレに持ち替えるというハイセンスな対応を見せてくれましたあせあせ

 田原さんが持ってたアコギは12弦だという情報もありますが、僕の位置からは確認できず。でもこの曲には12弦が使われてるし、桜井さんは普通のアコギだった思うので、12弦だったのかな。

この曲がくるならラストは『深海』で締めてくれないかなとちょっぴり思ったのですが(田原さんの長いソロあるし(笑))

そうそう、コバタケ氏が怪しげな声でコーラスしてましたあせあせ

で『シーラカンス』の次はまたまた久しぶりの曲

2 PADDLE

 2006年のap以来だと思いますが、日替わりメニューの曲だったので、僕が参加してない日にやったため聴いてません。僕が聴くのは2004年シフクツアー以来ですね。

 イントロがアレンジされてた気がするけど、ほぼ原曲どおりだったかな。

 
ここで、桜井さんのMC(うろおぼえ)

桜井:これからちょっと特別な曲をやりたいと思います。83年に世に出た曲です。Mr.Childrenがデビューしたのが92年だから、もちろん僕らの曲ではありません。

そのとき13才ぐらいかな?思春期の頃に物凄く好きだったアーティストの曲です。

「僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない」って歌詞があるんですが、今の時代も勝ち続けなきゃならない世の中なのかもしれないけど・・・。
僕らが勝ってるかどうかはわからないけど、前に進んではいます(的な感じ)


ちなみに、83年がどんな年だったのか調べてみたら…ディズニーランドができた年だった!あと「おしん」が大流行した年(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

僕はバカです。桜井さんのMCで曲名が入っていたのに、全くなにをやるのかわかりませんでした。

で始まったのは

3 僕が僕であるために(尾崎豊カバー)

おそらくライブ初披露の曲。2004年発売の尾崎のトリビュートアルバムに収録されている曲ですが、サビしか音源では聴いたことなかったし、オリジナルも聴いたことはないです。

 こういうレア曲をやるのもapならではかな。しかし、僕が不参加の2、3日目には超ド級のものが準備されてましたが・・・。


4 横断歩道を渡る人たち

 LRN5でも聴いたので2回目。まあやるだろうなと思ってた曲です。
 僕の記憶ではLRN5と同じく桜井さんのブルースハープから始まったような気がするけど、もう記憶があいまいです。(ただ始まった瞬間にこの曲だとわかった)

 アレンジは嫌いじゃないけど、間奏でバンドが入ってから最後までそのままの勢いでがーっと行ききればいいのにと思ってしまいます。そしたらもっと良くなる気がする。


5 I'll be

 小文字表記ですのでアルバムバージョンです。この曲apでやるの3回目なんですよね~(05年、07年)好きなのかな外でやるの。
それならたまにはいかにも夏っぽい感じのするシングルバージョンってのもいいかも。

でも、アルバムバージョンでもすごくバンドって感じの曲(特に間奏とアウトロね。)なんで好きですけど。こっちもナカケーのように頭を振りまくりです。

さて、「大事な人、大好きな人を思い浮かべながら聴いてください」との桜井さんの言葉に続いて演奏されたのは


6 365日
 一瞬『抱きしめたい』かなとも思いましたが、この曲でした。若干意外な選曲でしたが。
 桜井さん、声でてなかったですよね。高音がすごい苦しそうでした(WOWOWで生放送されたライブの時のような感じ。)この日は普通よりやや調子悪かったような印象でした。

 もちろん、間奏のギターソロはガン見させていただきました(笑)


7 声
 桜井さん、1番の途中で完全に歌詞が飛んでました。すかさず、お客さんが歌ってカバーするという感じで。
桜井さん、舌をペロッと出して苦笑い(笑)
 個人的にはこの曲のギターの音が大好きなので、やってくれてうれしかったです。
 そしてこの曲も間奏のギターソロをガン見してた私です。

 あと、ナカケーが相変わらず「イェー!」と絶叫してました!


8 Worlds end

 すっかり定番となったこの曲。
 この曲のお楽しみといえば間奏の田原さんのギター(こればっかりですみません・・・。)からJENの「ヘイ!」なんですが、この日もしっかりと堪能させていただきました。

 この曲が終わった時点で、もう少し持ち時間が残ってたので、ラストは何をやるんだろう?って思ってたらあっさり終わってしまって。
 なんだか消化不良な感じでした(笑)


~その他もろもろ~

 サウンドチェックのときにピアノの音がすごく大きかったので、不安が頭をよぎったのですが、今回はそんなこともなく。ただ、ギターの音は少し小さかった気がしたのが残念。

 田原さんについていえば、5月にLRN5で見たときに少し違和感があったので、気になってました。
 この日はすごい気合いが入ってた感じはしたけど、笑顔がなかったし、ラストの出演者総登場のときもメンバーで1人だけ出てきてなかったので、ちょと不安になりましたが、まあ、翌日以降は出てきたそうなので、取り越し苦労だったよう。

 セトリについては、この初日はシングル曲が1曲もなかったわけですが、まあ、彼らがやりたい曲をやったのだろうということで、それでいいんじゃないでしょうか。
 しかし、2日目、最終日にやった『【es】~Theme of es~』はまだライブで聴いたことのない曲だったので、聴きたかったな。まあ、そういうこともある。

 mixiでは解散騒動が起こってたけど、なに言ってんの?って感じです。終末ツアーのときもそうですが、そんなに解散してほしいんでしょうかね衝撃



 僕がずっとapでやってほしいと思ってる『こんな風にひどく蒸し暑い日』はまた来年に期待することにします。

 今年後半はなんか動きあるんですかね~うれしい顔

|

« ラッキーラクーンナイト5(その2) | トップページ | Mr.Children/Split The Difference »

Mr.children」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ap bank fes'10 初日:

« ラッキーラクーンナイト5(その2) | トップページ | Mr.Children/Split The Difference »