2006年6月 5日 (月)

出る杭は打たれてしまうのか

 村上ファンド。まあ、報道のとおりになったわけですが、世間的にはどうなんでしょう。今報道ステーションやってますが、とりあえず古舘伊知郎は気に入らない。久米宏のほうがよっぽど良かったですね。この人、ニュース向きじゃないと思います。

 そんなことはさておき、世間的には村上氏が逮捕されたことに拍手なんでしょうか。僕は違法行為を肯定するつもりはありませんが、どうもしっくりとこないものがあります。ホリエモンと合わせて、二罰百戒ですか。ちょっと、目立ちすぎたがために狙われた感がします。インサイダーなんて表に出てないだけで、実は実際結構あるんじゃないですか?情報開示前に徐々に株価が上がっていくとか結構ありますよね。

 僕は、以前株式事務の仕事をしていた関係で、村上氏が世間に登場してきた頃から、それなりに注目していたわけですが、彼が与えた良い影響というのも否定してはいけないと思います。村上ファンドの株式取得により、より株主を向いた経営に変わった企業があることも事実ですから。

 あるテレビのインタビューで彼は「だっていい国にしたいじゃない。」と言っていました。その言葉が、妙に印象に残ってます。そのときの彼はホントにそう思っていたんだと思います。それがいつからか、目先の利益最優先に変わってしまった気がします。

 ともあれ、そういったプラスの点を全く評価せずに、拝金主義的だと全否定をするのであれば、貧乏人のねたみととられても仕方ない気がしますね。僕も貧乏人ですけどね。額に汗して働いてないとも言われますが、ホリエモンみたいに起業するのも、村上氏みたいに人のお金を4000億預かって運用するのも、すごいリスクを取ってやってるわけですよね。ある意味サラリーマンより大変な面もあると思います。それを単純に楽して儲けてると言い切れるんですかね。

 結論的には、日本はまだまだ出る杭は打たれる社会なんだな、ということを今日の一連の出来事を見ていて感じたのでした。

 

banner_02

| | コメント (2) | トラックバック (2)